ロクイチ工房

趣味でミニバイクの修理等をしています。質問には気が向いた物だけ返信します。

緊急整備!深夜の発電機修理。

ちとAF61(Today)の作業が長引き、すっかり午前様になってしまい「さて1杯飲んで眠ろうか。」と作業服を脱ごうとした時に携帯電話が鳴り響く。

「こんな時間に掛けて来るような人ではない人からの着信だ!...間違い無い、緊急だろう。」と思い。電話を取る。

 

どうやら明日の朝から催し物で使用する発電機がかからないらしい。

プラグのカブりを疑ってらっしゃったので工具を貸して欲しいとのこと。

 

持って来られるらしいので、待つこと約1時間。

 

f:id:koumyou2002:20170608051639j:image

かなりキレイだ。

おっしゃる通りにプラグを見るとカブっていない。というより、燃料の匂いがしない。

 

最後にエンジンをかけたのはいつか伺うと、2年程前らしい、いつもは燃料コックをオフにして止まるまで発電機を回していたらしいが、前回は忘れていたらしい。

 


f:id:koumyou2002:20170608053832j:image

まぁ九分九厘キャブやわ。と思いながらも別の箇所なら結構時間かかると読み、一度お帰り頂き、修理後連絡する事に。

 

まぁ簡単にキャブが外し易く設計されていること!


f:id:koumyou2002:20170608054521j:image

きっちりジェットが詰まっていましたさ。

組み付け後は問題なく始動し、安定しているのを確認。

 

で、引取に待つこと30分。

 

今度から発電機を片付ける時は、燃料コックをオフにして止まるまでエンジンを回し続けるより、ドレーンから燃料を抜く方をオススメしました。

 

ほなまた〜